スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

術後35日目の傷と赤いバツ印

手術後5週目。

お待たせいたしました。

今日は傷の全容です。

苦手な方は飛ばしてください。
























傷(縮小)_20140902215049



傷よりインパクトのある赤いバッテンは、放射線照射の目印です。

今、体に6箇所のバツ印をもらいました。


傷の痛みはほとんどなくなりました。

硬さはまだあります。



にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村




テーマ : 乳がん
ジャンル : 心と身体

術後28日目の傷と病理の結果は!

術後4週間が経過。

早い。

ほぼ痛みなし。

脇をギュッと締めると多少痛いかな、という程度。

確かめようと、何度もやるとわからなくなる。

匂いとか何度も嗅いでるとわからなくなる感じと似てる。

腕を挙げたときの攣れは多少あるけど、何度も確かめてるとこちらもわからなくなる。




それでは傷の写真です。

もはや誰からも期待されていませんが、自分の記録として。























傷(縮小)_20140826210949


テープでほとんど見えないけど、大分キレイになった気がする。

25日の診察時に、先生に「どうだ!」と見せたところ、

「いいですねー。」と言ってもらえた。

満足。



w132.gif



25日は術後初めての診察。

当然、病理の結果が出ているはずだったが、なんとなんとまだだった。

HER2タンパクはわからずじまい。

断端は陰性。

腫瘍の写真を見せてもらったが、クリーム色のモジャモジャした脂肪みたいだった。

なんとも、憎たらしい感じ。


結局、29日に放射線医の診察を受けて、そのまま9月から放射線照射予定。

5週間後、10月に再度主治医と今後の治療についての診察。

この時にHER2の結果を聞くことに。

HER2以外の結果はマンモトームの時とほぼ同じ。


腫瘍の大きさ : 7mm

リンパ節転移 : なし (0/1)

グレード : 1~2

Ki67 : 5~10%

エストロゲンレセプター : 陽性

プロゲステロンレセプター : 陽性

HER2 : (2+)で再検査中



にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

術後のテープっていつか剥がれるんだよね?



テーマ : 乳がん
ジャンル : 心と身体

術後21日目の傷と傷をキレイに治すには

手術後21日目。

あっと言う間に3週間たってしまった。


リハビリは最初のうちは腕をゆっくり上げ下げしていたが、今はもうグルングルンまわしている。

その際、手術部を軽く手で押さえると、傷口から肩にかけての攣れが伸びて気持ちがいい。


傷の痛みや腫れは普通にしているとほとんど感じない。

走ったり、高い所の物を取ろうとしたときに少し違和感あり。

範囲は変わらず手術部から背中にかけて。

手術部は相変わらず硬いけど、だんだんと柔らかくなってきているのは実感できる。



さてここから恒例の傷の写真。

今回はちょっと違う。

暇な方は間違い探しでもしてください。

苦手な方はいつも通り飛ばしてください。























kizu 20140819_190712_convert_20140819213840





おわかりいただけだろうか。








答えは、一番目のテープの色が白から茶色へと変化。




実は先週末、1番上のテープが剥がれた。

先生からは剥がれるまで貼っておくようにとのことだったので、剥がれたらそのままでも良いのだと思うが、傷口をテーピングしておくとキレイに直ると聞いたことがあったので調べた。


傷のテーピングについて、以下参照。

独立行政法人 国立病院機構 埼玉病院 形成外科



傷が治るには1~3ヶ月もかかるらしい。

傷をキレイに治すには、安静・遮光・保湿が大事とのこと。

なのでやってみたわけである。



私は3Mのマイクロポアメディカルテープの幅25mmを半分に切って使用。

12.5mmの物も売っているので、その方がちょうど良い気がする。

貼って4日くらいたつが、今のところかゆみは無し(割とテープかぶれしやすい方だと思う)。




あ、2~3日で貼り替えろって書いてある。

でも剥がれてきてないからなー。

剥がす方が刺激的な気がする。

もう少し様子を見よう。








まだまだ傷の全容はおあずけなの。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村



テーマ : 乳がん
ジャンル : 心と身体

術後14日目の傷

手術後14日目。

今日で2週間。

傷の様子はこちら。

苦手な方は飛ばしてください。

















傷20140812_175342(縮小)

10日目とあんまり変わらない。

でも皮膚の赤みは大分引いた。

痛み、引き攣れともに10日目より改善されている。

腕をまっすぐ上に伸ばすと1本筋のようなものが出てきていたが、毎日ゆっくり伸ばすようにリハビリを行なっていたら大分気にならなくなってきた。

今は傷口やその周りの痛みより、肘から下の腕が1日キーボードを打っているとかなりダルくなるのが気になる。

昨晩は湿布を貼って寝たが、大分楽になるので今日も貼って寝ようと思う。




さらに肘の神経が過敏になっていて、肘をつくと内側にある筋がビィーーーーーーーーーンと響く。

仕事中も何度かビィーーーーーーーーーーーーーーンとなって辛かった。

明日の帰り道、サポーターか肘あてを買って試してみよう。



にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村


テーマ : 乳がん
ジャンル : 心と身体

術後10日目の傷とリハビリ

手術後10日目。

職場復帰4日目。


本日は仕事を3割くらいの力でこなしたためか、脇の痛みが昨日よりも気にならない。

やはり、腕か脇の筋肉の使いすぎだったのか。

今日は傷も痛くないし、体も楽なのでこのペースで仕事を続けたいが、まあクビだろうな。

だって3割だもん。

でも今は病み上がりでわがままを聞いてもらえるので、徐々にペースを上げていこう。

最初の3日ははり切りすぎたのだ。



ここから先は傷の写真。

今のところ、苦情はない。

かといって期待されている様子も無い。

傷とか、グロテスクなものとか、おばさんの肌とか苦手な方は飛ばしてください。




















傷(縮小)20140808_212527_convert_20140808213327

傷の赤みが大分薄くなってきた。

その代わり、なんとなく皮膚が赤い気がする。

あんまり赤くなって熱を持つようだと感染症を考えなければいけないのだけど、そこまでではない。

傷は完全に塞がったようだ。

ただテープで止めてあるだけなのだが、なかなか強力でまだまだ剥がれる気配は無い。

かなり皮膚を寄せて止めてあるので、傷口は目立たなくなるのではと期待している。

自然に取れるのを待つように指示されているので、傷口全体を拝めるのはまだ先になりそう。





halo8.jpg



さてリハビリは今日で9日目。

手術の次の日には軽いマッサージを受け、腕を90度くらいまで挙げた。

痛みは無かった。

さらに次の日には頭の上まで伸ばした。

なので、退院するときは手術していない側と同じ高さまで腕を挙げることが出来た。

特に痛みも無く、順調そのものであった。




しかしだ。

退院後、家でもリハビリをしているのだが、仕事復帰してからの脇の痛みと比例するように、腕を挙げると脇から胸の下部まで攣れてかなり痛みを感じるようになった。

なので自宅でのリハビリはなるべくこの攣れを伸ばすべく、グィィィっと腕を伸ばしている。

かなり痛いが、相当グィィィィィィっとやっていると思う。

なんだかブチンと切れそうである。



はたしていいのだろうか。

リハビリもやりすぎると良くないのだろうか。






気になる冊子をネットで発見した。

乳がんの治療をこれから受ける方のために

その中のリハビリテーションの項に以下のように書かれている。

「傷が治ってくると傷やその周囲が硬くなり、腕があがりづらくなります。

~省略~

傷が安定してくる退院後につっぱる症状が強くなります。

自宅でもリハビリテーションを継続してください。」

となっている。


東海大学医学部外科学系乳腺内分泌外科のQ&Aにも同様のことが書かれている。


おそらく私の脇から乳房にかけての攣れは治る過程のものではないかと思う。

もしかしたら、脇の痛みも治る過程のことかもしれない。

なので取りあえずは心配せずにリハビリすることに決めた。

一応、次の診察日に確認はするつもり。


1,脇から背中にかけての痛みはなにか

2,脇から乳房にかけての攣れは治るのか

3,リハビリは継続して良いのかと加減


私の場合、やりすぎる傾向にあるので。

わかり次第、またご報告します。




にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村


センチネルリンパ節生検の記事へのコメントが沢山寄せられ、嬉しい限りです。

ありがとうございます。

コメントは励みになります。

ぜひぜひ過去の記事でも構いませんので、寄っていただいた記念に一言お願いします。





テーマ : 乳がん
ジャンル : 心と身体

プロフィール

ウミ

Author:ウミ
1973年生まれ。
神奈川県在住。
2014年6月23日乳がん告知。
2014年7月29日手術終了。
Stage1(右乳房温存術、リンパ節郭清無し)。
ホルモン受容体強陽性、HER2陰性のルミナルA。
現在ホルモン治療中。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
お世話になります
個人で始められたプロジェクト。たくさんの人に知って欲しい!でもお問い合わせの対応などはなかなか大変なようです。一度全てのページに目を通していただき、注意事項をご理解いただけるようご協力お願いいたします。

おすすめ

★10年日記。10年後、全てが笑い話になるように。乳がんになって付け始めました。他にも3年用、5年用とあります。★


★乳がんの基礎がわかるMOOK本。診断を受けて、これからのこと。★


★私が最初に購入した本です。たくさん仲間がいて、少しほっとしました。★


★「胸帯」です。実際に使用してみると、縫い目が肌に当たらず生地も柔らかいので、まったくストレスがありませんでした。安いものも購入したのですが、肌触りが全然違い、術後のブラとして結局こちらを追加購入しました。★


応援お願いします!
手術、放射線治療を終えて長いホルモン治療がスタートしました。 これから出てくる副作用に負けず、頑張ります。
検索フォーム
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。