スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わたし、決めました!

今日は朝からブラックだった。

職場では数人に乳がんのことは伝えてある。

そのうちの女子二人に、昨日の事務とのやり取りを8割くらい盛って聞いてもらった。

ドブに落ちちゃえばいいのにーとか、

ハトの糞が頭にかかっちゃえばいいのにーとか、

転んでスカートがめくれちゃえばいいのにーとかは誰も言わず、

病気のこととか考えてもっと配慮して欲しいよねとか、

病院側に伝えて改善してもらった方がいいんじゃない?とか非常につまらない大人の回答だった。


そんな腐った心で亀田病院のセカンドオピニオンを申し込んだ。

そこで私は天使に出会った。

一気に心が洗われるというのを知った。

セカンドオピニオンを告げ空いてる日にちを聞いた後、病名を聞かれた。

浸潤性乳管癌です。

そしたらなんとその天使ちゃんはこう言ったのである。

「あ、じゃあ心配ですよね。

かなり混んでてすごくお待たせしちゃうことを了解いただければもう少し早い日で案内できます。

この日とかどうですか?

その代わり、すごい待たしてしまうと思うので、その後の予定は入れないでいただけるといいのですが。

書類とか間に合いそうですか?

もし難しければ電話をいただければ他の日もなるべくご用意しますので。」

と言ったのだ。

とにかく昨日の事務が-1000点だとしたら、今日の人は+1000点。

その差2000点だ。

これはすごい差だ。

もうその時点で私はこの病院にお世話になろうと決めていた。


さて、主治医とのインフォームドコンセント2回目である。

こちらは次の病院が決まったので、なんと言われようと書類を作ってもらうだけである。

一応大人なので、すみませんご無理を言ってみたいな挨拶をする。

すると先生が、一応ね書類用意しといたよと言った。

拍子抜けである。

そして、亀田総合病院とUASオンコロジーの治療を簡単に説明してくれた。

私はなんだかモヤモヤした気持ちを先生にぶつけたくなった。

この間の説明でリスクはわかったのですが結局私の手術はどういう予定なのか、温存からはじめて駄目なら全摘ということしかわからなかったです。

実際、どこを切って、どのくらい切って、どのくらいの組織を取って、後はどんな感じになるかもう一度聞きたいです。

先生は丁寧に教えてくれた。

決まっていないこともいくつかあったが、なぜ今決められないのかも説明してくれた。

はじめて先生とたくさん話した。

最後に先生は、人生で大きな決断を一人でするのは大変だと思います。

セカンドオピニオンを受けるのはいいことだと思いますよ。

幸いがんもおとなしいタイプだし、少し手術を延期しましょうかと言った。

私は、「先生、このままお願いします」と伝えた。

また、泣いてしまった。

でもスッキリしていた。


rinngo20.jpg



明日朝一で、亀田病院にお断りの電話をしよう。

私の枠を、誰かのために。

他の悩んでいる人達がちゃんと答えを見つけられるように。



にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

業務連絡。

今いる事務は、早急に天使ちゃんの爪の垢を飲むこと。


スポンサーサイト

テーマ : 乳がん
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

決めたんだ 良かった

ある日突然の告知、ただ夢中で1つ1つクリアしてった感じでした。自分で納得して決めるのが1番。先生は、聞いたことにきちんと答えてくれます。がんのタイプもおとなしいとのこと、大変だとは分かっていますが、ちょっと安心しました。

るー様

最初の説明のとき、今思えば受身だったのかも知れません。
先生が黙ってても説明してくれるはずって。
でも終わってみたら、何もわかってなくて、他の先生に説明を求めようとしてたのかも。
先生に思い切りぶつかったら、ちゃんと答えてくれました。
優しい先生でした。
この先生に手術してもらいたいなって思えたので決めました!

私の主治医も、今はケモ専門ですが、元々乳腺外科のせいか、それ以前のケモの先生と、比べて言葉が足りない感じでしたが、聞けばちゃんと答えて下さって、最近は、私の命は先生に預けてますから!とのたまわってます。ウミさんも、信頼出来る先生だと思う先生だったのね!良かった!
まぁ、蹴飛ばしたいやからは、無視ですね
自分がなってみないと解らない人が、多いです。

はじめまして。
事務の方(爪の垢が必要な方)とのやりとりから続けてこの記事を読ませていただいたら、自分でもちょっとびっくりしましたが、読み終わって思わず泣いてしまいました。
先生と意思の疎通がとれてよかったですね。
私の主治医も聞けば丁寧に答えてくれますが、逆を言えば聞かないとほとんど説明してくれないので、先生とのやりとりはコツ?をつかむまで私も少し時間がかかりました。
がんばってください。(ウマい言葉が思い付かなくてごめんなさい)
これからの治療も応援しています。

ままり様

看護婦さんから、先生ははっきりしてるけど優しいわよ、と教えてもらいました。先生とお話している間も心配そうに何度も何度も覗いてくれて。
先生と看護婦さんがよければ、良しとします。

may様

コメントありがとうございます。
先生から、この病気はあと10年は病院に通うことになります、とさらりと言われました。
まあ、10年あれば打ち解けるでしょう!
ぼちぼちやっていきます。
プロフィール

ウミ

Author:ウミ
1973年生まれ。
神奈川県在住。
2014年6月23日乳がん告知。
2014年7月29日手術終了。
Stage1(右乳房温存術、リンパ節郭清無し)。
ホルモン受容体強陽性、HER2陰性のルミナルA。
現在ホルモン治療中。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
お世話になります
個人で始められたプロジェクト。たくさんの人に知って欲しい!でもお問い合わせの対応などはなかなか大変なようです。一度全てのページに目を通していただき、注意事項をご理解いただけるようご協力お願いいたします。

おすすめ

★10年日記。10年後、全てが笑い話になるように。乳がんになって付け始めました。他にも3年用、5年用とあります。★


★乳がんの基礎がわかるMOOK本。診断を受けて、これからのこと。★


★私が最初に購入した本です。たくさん仲間がいて、少しほっとしました。★


★「胸帯」です。実際に使用してみると、縫い目が肌に当たらず生地も柔らかいので、まったくストレスがありませんでした。安いものも購入したのですが、肌触りが全然違い、術後のブラとして結局こちらを追加購入しました。★


応援お願いします!
手術、放射線治療を終えて長いホルモン治療がスタートしました。 これから出てくる副作用に負けず、頑張ります。
検索フォーム
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。