スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

更年期障害と便秘 婦人科編 その1

徐々に酷くなるホットフラッシュ。

ちょうど季節は夏で、汗なんてもう尋常じゃない量をダラダラと垂れ流していた。

さらに立ち仕事なんかをしているときにはじまると、クラクラとして気を失いそうになることもしばしば。



汗ダックダクのおばさんが倒れたらどうだろう、誰か救いの手を差し伸べてくれるのだろうか。

どうせなら、あのイケメン後輩がいいな。

でも、「マジでベタベタしてキモいんだけど」とか

「フロ入りてー」とか言いながら手とか洗われちゃうのかな。

なんてボーっとしていく頭で考えたりしていた。



まあ、一度もそれを確認する機会には恵まれなかったが、思考能力も低下しているので仕事でも忘れっぽくなったりしていた。

さすがにこれはマズイだろうと思い主治医に相談。

そこで言われたのは、

「更年期障害の治療は婦人科が得意だから、かかりつけの先生に聞いてみて。

その時にホルモン充填療法じゃなくて、漢方にしてもらってね。」

とのことだった。

幸い、かかりつけの婦人科医が漢方も得意だったので受診することにした。






初診の問診でホットフラッシュや便秘と乳がんの治療中であることを伝える。

そこで先生から言われたのはこうだ。



「便秘とホットフラッシュを分けて考えちゃダメだよ。

便の中に溜まった気(熱)を落として外に出さないとホットフラッシュは治らないよ。

今の薬ではダメだね。」





えええええっっっ!!!

そこから私の漢方薬ジプシーが始まるのである。







その2に続きます。






にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村


更新ガンバって!と思う方は。












スポンサーサイト

テーマ : 乳がん
ジャンル : 心と身体

更年期障害と便秘 便秘外来編

リュープリンとタモキシフェンを開始してから始まったホットフラッシュと便秘。

どちらも更年期障害の症状に含まれる。

ブログで便秘を訴えていた1月頃は、今考えればホットフラッシュはそれほど酷くなかった。

とにかく便秘が酷くて、便秘に効果がありそうなものは片っ端から試していた。

乳酸菌、青汁、食物繊維、バナナ、バナナ酢、オリゴ糖、ヨーグルト、運動、ツボなどなど。

結局、下剤を飲まなければ1週間出ないのが普通で、実際は4日目くらいでのぼせてクラクラするので、市販の便秘薬のお世話になっていた。

このときは辛かった。

そこで私はホットフラッシュと便秘を別のものとして考え、まずは便秘を治すべく便秘外来に行くことにしたのだ。





便秘外来ではまず大腸に問題がないか内視鏡で調べ、問題がなければ薬と食事で便秘を改善していく。

余談ではあるが、この大腸内視鏡、経験した人は皆口をそろえて「下剤を飲むのが大変だった」と言っていた。

父は、飲めなくて口から出てきたらしい。

友人は、飲めなくてマジ泣きし、看護師さんに許しを請うたそうだが当然許してもらえなかった。





なので、私も相当な覚悟で臨んだわけだが、まったくと言っていいほど辛さは感じなかった。

むしろ、ポカリスエットみたいでおいしかったので、下剤を飲む時間を楽しみにしていたくらいだ。

最終的には飲み干してしまい、「もっとくれ」と言ったら白湯をいただくこととなった。

まあ、その後の内視鏡は結構辛いものがあったのだが・・・。





結果、大腸に問題なし。

そこでマグラックスとラキソベロンという薬で便秘を改善していくことになる。

それと同時に食事内容を改善し、排便の習慣をつけ薬を減らしていくのだ。





この薬の効果はすごかった。

本当に気持ちが良いくらい出た。

時には、食べた以上の便が出ている気がして心配になるほどだった。

そして少しずつ薬を減らし、あともう少しというところまで来ていた。





しかし便秘が改善されるとともに、だんだんホットフラッシュが酷くなってきたのである。

のぼせが酷く、気が遠くなることもあった。

立っていることが辛かった。

そこで私は、今度はホットフラッシュを治そうと婦人科に通う決意をするのである。






更年期障害と便秘 婦人科編に続きます。






にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村


婦人科編、気長に待つか・・・という方は!






テーマ : 乳がん
ジャンル : 心と身体

更年期障害で便秘になる?

今便秘がすごいことになっている。

とにかく出ない。



まず、便意がない。

腹痛もない。

腸が動いている気もしない。



3日くらい出ないのは普通で、ほおっておけば1週間くらいでないの出はないだろうか。

でも4~5日も溜めるとお腹の張りとのぼせで苦しくなってしまうので、薬を飲んで出している。

なので本当に1週間出ないかはちょっとわからない。

たくさん食べているのに、それが腸にすべて蓄積されているかと思うと恐ろしい。

当然体重もどんどん増加している。





けれど便秘は前からあって、特に生理前は酷かった。

乳がん手術前に婦人科を受診する機会があって、その時にPMS(月経前症候群)特に便秘について相談したのだが、術後のホルモン剤で改善されると言われていた。

まだ生理があるころは始まれば便も出たし、そんなものかと楽観的に考えていた。



なのにどうだ。

実際治療が始まったら、ビタッと止まってしまった。

どんなにいきんでみてもウンともスンとも言わないし、便が出るより脳の血管が切れる方が早い気がする。

これが更年期障害から来ているのかはまだちょっとわからない。

ただ、更年期障害で便秘になる人はいるらしい。

それにリュープリンの副作用にも頻度は低いけど「便秘」とあった。



ただ副作用ならまだいいの。

それよりも、別の病気で便秘になっているとしたらと考えるとちょっと怖い。

しばらくは薬で出していたのだけれど、一度ちゃんと見てもらおうと思い今薬を止めている。

さてどうなることやら。




何もしないのもあれなので、バナナ酢というのを作って飲んでる。

便秘はもちろん更年期の不調にも効果ありとあったので期待。





本は売り切れですね。




簡単なレシピが付いてます。
レシピ自体は本と同じです。



にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村


とりあえず月曜日に便秘外来に行ってきます。




テーマ : 乳がん
ジャンル : 心と身体

ホットフラッシュで風邪をひく

リュープリン接種から、ほどなくして始まったホットフラッシュ。

日によって回数はまちまちで、多い時もあれば少ない時もある。

私の場合比較的軽いのかもしれないが、何度も繰り返している間にだんだん気にならなくなってきた。

いや気にならないわけではないが、やり過ごせるようになってきたのかもしれない。

慣れたのだ。

こういう場合、慣れとはすばらしいと思う。





けれど慣れとは恐ろしくもある。

夜中に汗をかいたまま布団を剥いで寝ることに慣れてしまった。

当然のことながら、風邪を引くわけである。





先週1週間は熱が続きちょっと辛かった。

本日より復活。

副作用とうまく付き合っていくにはあともう一歩。




にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村


インフルエンザが大分流行っているみたいですね。
皆様もお気をつけください。





テーマ : 乳がん
ジャンル : 心と身体

背中が燃えている

ホットフラッシュを感じるようになって1ヶ月くらい経った。

だんだん慣れてくるのかと思っていたら、だんだん酷くなってきた。

頻度も増えた。



たまに背中に焚き木をしょってんじゃないのかと思う時さえある。

もしくは誰かに火を点けられたか。

こっちはリアルに有りそうなので想像するのは止めておこう。



とにかく背中が燃えるように熱くなる。

そうして全身に熱が広がる。

汗は、日中はマメに拭けるので滴ることはないが、夜中に首周りがビチャビチャになって目が覚めるようになった。

そうなると、汗を拭いて寝巻きのフリースを脱いで、半そでで布団も掛けずに寝る。

すぐに寒くて目が覚める。



当然だよね。

今は冬だからね。

暑くて脱ぐ寝る。

寒くて着る寝る。

暑くて脱ぐ寝る。

寒くて着る寝る。

暑いけど我慢して寝る。

我慢できなくて脱ぐ寝る。

寒くて着る寝る。



脱いだり着たり寝たり我慢したりと大忙しだ。

夜中に5、6回は繰り返してるんじゃなかろうか。

お陰で寝不足。

恐るべしリュープリン。

恐るべしホットフラッシュ。

私は冷えとめまいが強いかも、とか言っていたころの自分が懐かしい。







そして非常に残念なことに、ホットフラッシュでかく汗は臭いらしい。







確かに。



いや、もともと汗が出にくい体質だったので比べたわけではないけれど、枕から仄かにオジサン臭が漂ってきているのは無視できない。





はぁ。

もともと女子力が0%だと言われてはいたけれど、オジサン力が高かったわけではない(と思っている)。

でもこれでしばらくは、オジサンとして生きていくしかないのかもしれない。



いや、そうはならないようバーゲンでカワイイ服を買いまくろう。

うん、そうしよう。




にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村


その前に、ヒゲを剃ろう。





テーマ : 乳がん
ジャンル : 心と身体

プロフィール

ウミ

Author:ウミ
1973年生まれ。
神奈川県在住。
2014年6月23日乳がん告知。
2014年7月29日手術終了。
Stage1(右乳房温存術、リンパ節郭清無し)。
ホルモン受容体強陽性、HER2陰性のルミナルA。
現在ホルモン治療中。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
お世話になります
個人で始められたプロジェクト。たくさんの人に知って欲しい!でもお問い合わせの対応などはなかなか大変なようです。一度全てのページに目を通していただき、注意事項をご理解いただけるようご協力お願いいたします。

おすすめ

★10年日記。10年後、全てが笑い話になるように。乳がんになって付け始めました。他にも3年用、5年用とあります。★


★乳がんの基礎がわかるMOOK本。診断を受けて、これからのこと。★


★私が最初に購入した本です。たくさん仲間がいて、少しほっとしました。★


★「胸帯」です。実際に使用してみると、縫い目が肌に当たらず生地も柔らかいので、まったくストレスがありませんでした。安いものも購入したのですが、肌触りが全然違い、術後のブラとして結局こちらを追加購入しました。★


応援お願いします!
手術、放射線治療を終えて長いホルモン治療がスタートしました。 これから出てくる副作用に負けず、頑張ります。
検索フォーム
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。